コンソーシアム

東北大学は様々な地域や二国間での研究者や学生の国際交流を目的とした国際的大学間コンソーシアムに加盟しています。学生にもコンソーシアムが開催するシンポジウム、ワークショップ、セミナーなどに参加する機会を提供しています。

イベントの参加にあたっては、国際交流課から参加旅費等の助成を行う場合があります。イベントは随時学内周知しておりますが、ご興味があるイベント等がありましたら国際交流課国際企画係までお問い合わせください。

国際的大学間コンソーシアム News Letter 2017leaflet2017(広報用リーフレット(PDF2.5MB))
参加者募集中のイベント

環太平洋大学協会:APRU

APRU(アプル)は、環太平洋圏の主要大学間の相互交流を深めることを通じて、環太平洋地域社会にとって重要な諸問題に対し、教育・研究の分野から協力・貢献することを目的に、1997年に設立された地域型のコンソーシアムです。現在、北米、南米、豪州、アジアなどの16か国(地域)44大学が加盟しており、東北大学は2008年に加盟し、2015年から理事大学として参画しています。日本からは東北大学の他に、東京大学、大阪大学、慶応義塾大学、早稲田大学が加盟しています。




>東アジア研究型大学協会:AEARU

AEARU(アイール)は、東アジアの主要な研究型大学の研究者及び学生の交流、共同研究の推進、ワークショップ等の開催など、大学間の共通の関心に基づく交流を行うことを目的に、1996年に結成された地域型のコンソーシアムです。現在、東アジアの4か国(地域)18大学が加盟しており、東北大学は1998年に加盟し、2012年から2015年まで理事大学を務めました。日本からは東北大学の他に、筑波大学、東京大学、東京工業大学、京都大学、大阪大学が加盟しています。


日独6大学ネットワーク:HeKKSaGOn

German-Japanese University Network:Heidelberg, Kyoto, Karlsruhe, Tohoku (in Sendai), Göttingen, Osaka – network
HeKKSaGOn(ヘキサゴン)は、日本とドイツの主要大学の研究者及び学生の交流、共同研究の推進、サマースクール等の開催など、日独大学間の交流を推進することを目的に、2010年に結成された二国間型のコンソーシアムです。ドイツ側は、ハイデルベルク大学、カールスルーエ工科大学、ゲッティンゲン大学、日本側は、東北大学、京都大学、大阪大学の計6大学で構成されています。



欧州トップレベルエンジニア養成:T.I.M.E.

T.I.M.E.(タイム)は、ヨーロッパの主要な理工系大学における修士・博士課程レベルでのダブルディグリープログラムによる交流を通じ、トップレベルのエンジニアを養成することを目的に、1989年に設立された地域型のコンソーシアムです。ヨーロッパ地域のコンソーシアムですが、ヨーロッパ以外の地域からの加盟も認められており、日本からは、東北大学、慶応義塾大学と同志社大学の3大学が加盟しています。



日英産学連携プログラム:RENKEI

RENKEI(レンケイ)は、日英大学間(学学連携)の連携を基盤とし、共同研究、知識移転、人材育成の分野において、産業界との連携を強化することを目的に、2012年に設立された二国間型のコンソーシアムです。本学は創設メンバーで現在以下の12大学が加盟しています。
(日本側)東北大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学、立命館大学
(英国側)ブリストル大学、リーズ大学、リバープル大学、ニューキャッスル大学、サウサンプトン大学、UCL(ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン)


大学間コンソーシアムに関するお問い合わせ

国際交流課国際企画係
電話:022-217-5578/6182
Email:kokusai-kgrp.tohoku.ac.jp