APRU

概要

APRU(アプル)は、環太平洋圏の主要大学間の相互交流を深めることを通じて、環太平洋地域社会にとって重要な諸問題に対し、教育・研究の分野から協力・貢献することを目的に、1997年に設立された地域型のコンソーシアムです。

主な活動

総長、理事が出席する年次学長会議、シニアスタッフ会議の他に、加盟大学が学部学生・大学院生向けのプログラムや研究者向けの国際会議を開催しています。

APRU-IRIDeS Multi-Hazards Program

また、本学(世話部局:災害科学国際研究所(IRIDeS))は、2013年4月よりAPRUにおけるマルチハザードプログラムのハブを務め、毎年サマースクールやワークショップ開催しています。マルチハザードプログラムの活動内容の詳細は、APRU-IRIDeSのウェブサイトをご覧ください。

2018 APRU Annual Report

2018 Annual Report
 

APRU Impact Report

今後予定されているイベント
参加学生の声

 
2018年10月29日―30日にかけて、環太平洋大学協会(APRU)が主催する国際保健会議に出席しました。16か国53の大学の学生・研究者が出席しました。会議はPlanetary Health: The next frontierというテーマで、自然システムと人の健康をどのように改善・維持していくかについて議論されました。通常のシンポジウム、オーラル・ポスターセッションの他、学生チーム対抗のプロモーションビデオのコンペなどが開催され、会場は大いに盛り上がりました。
私は、Climate Change & Healthのパネルセッションで、東北被災地におけるグリーンインフラ(GI)の利活用と地域住民の健康との関連について発表しました。日本でのGI導入の事例は少なく、健康との関連についても十分検証されていないこともあり、欧米や都市との相違について、参加者と活発な議論ができました。また、発表に興味をもっていただいた研究者とのジョイント研究の話が進むなど、今後の研究の方向性の発展にもつながる機会となりました。この度の会議参加の助成を賜ったことを心より御礼申し上げます。(環境科学研究科博士後期課程 田代藍さん)

過去の参加実績及び公募
これまでの参加実績・公募一覧

加盟大学一覧(17経済圏、50大学(2018年4月現在))
 国・地域 (加盟数) 機関名
オーストラリア(4)オーストラリア国立大学、シドニー大学、メルボルン大学、ニューサウスウェールズ大学
カナダ(1)ブリティッシュコロンビア大学
チリ(1)チリ大学
中国(10)復旦大学、南京大学、北京大学、香港中文大学、香港科技大学、香港大学、清華大学、中国科学院大学、中国科学技術大学、浙江大学
台湾(2)国立台湾大学、国立清華大学
インドネシア(1)インドネシア大学
日本(6)慶應義塾大学、名古屋大学、大阪大学、東京大学、東北大学、早稲田大学
韓国(5)KAIST, 高麗大学校、浦項工科大学校、ソウル大学校、延世大学校、
マレーシア(1)マラヤ大学
メキシコ(1)モンテレイ工科大学
ニュージーランド(1)オークランド大学
フィリピン(1)フィリピン大学
ロシア(1)極東連邦大学
シンガポール(2)南洋理工大学、シンガポール国立大学
タイ(1)チュラロンコン大学
アメリカ(12)カリフォルニア工科大学、スタンフォード大学、カリフォルニア大学バークレー校、カリフォルニア大学デービス校、カリフォルニア大学アーバイン校、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、カリフォルニア大学サンディエゴ校、カリフォルニア大学サンタバーバラ校、オレゴン大学、南カリフォルニア大学、ワシントン大学、ハワイ大学マノア校
大学間コンソーシアムに関するお問い合わせ

国際交流課国際企画係
電話:022-217-5578/6182
Email:kokusai-kgrp.tohoku.ac.jp