RENKEI

概要
  • 名称:日英産学連携プログラム Japan-UK Research and Education Network for Knowledge Economy Initiatives(RENKEI)<
  • 設立:2012年
  • 加盟機関:日英各6大学 計12大学
    (日本側)東北大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学、立命館大学
    (英国側)エディンバラ大学、リーズ大学、リバプール大学、ニューキャッスル大学、ノッティンガム大学、サウサンプトン大学
  • WEBブリティッシュ・カウンシル ウェブサイト

RENKEI(レンケイ)は、共同研究、知識移転、人材育成の分野において産業界との連携を強化し、未来の社会のリーダーを輩出する仕組みをつくることを目的として2012年に設立された日本と英国の二国間型コンソーシアムです。本学は創設メンバーとして参画しています。

主な活動

日英の加盟大学が共同でさまざまなテーマに基づいたワーキンググループを立ち上げ、学生、教員を対象としたプロジェクト、スクール等を毎年開催しています。プロジェクトでは、各加盟校からの参加者による英語によるディスカッションを始めとし、企業訪問、講義等が実施されます。学生、若手研究者の参加にあたっては、プロジェクトの多くで一部又は全ての旅費の助成が行われます。

Annual Report 2018-2019(ブリティッシュ・カウンシルウェブサイトからPDFをダウンロードします。)

これまでの活動実績

ブリティッシュ・カウンシルによる活動報告(外部サイト)

参加学生の声

国やキャリアステージを越えた交流から生まれる新たな目標


Developing Japan-UK Research Collaborations in Climate Change』を目的として開催された研究者ワークショップには、教授から学生まで様々な分野・立場の研究者が参加しました。私を含む若手研究者のポスター展示等に続いて行った研究課題ごとのグループワークでは、学生の提案を受けて教員が研究の流れを組み立て、実装可能な共同研究計画の立案を目指しました。気候変動の影響を軽減等するには一つの分野からのアプローチでは解決できない問題が多く、共同研究の中で自分の研究がどの立ち位置から貢献できるか考えることは非常に有意義な経験になりました。
分野・国を跨いだ共同研究は簡単に実行できませんが、地球環境の変動と人間との相互関係を見据えて対応していく為に不可欠な過程だと感じました。
今回の経験を踏まえて、積極的に多種の専門家の話を聞くこと、自分の研究の立ち位置を常に考えることを続けたいです。また、イギリスの教授・学生と交流して知識量や考え方の多さに自分とかなりの差があると感じました。自らの研究テーマを深めるだけでなく、様々なことに目を向けて知識を獲得することで、今後も他の研究者と共同研究を図りたいです。(大学院環境科学研究科 近藤 萌波さん)

異なる研究分野からの参加者に自分の研究内容を分かりやすく伝え、理解し合う


京都立命館大学で行われたRENKEI ワークショップに参加しました。今回のテーマは、「Digital Cultural Heritage Business and Open Data: Bringing Rome to Japan」であり、Cultural heritage に関連する研究、ビジネスに取り組んでいる研究者・実務者が、大学、博物館、企業といった様々な所属から集まりました。私は、「Disaster Archive: Controversy, efforts and challenges」というタイトルで、博士研究で取り組んでいる津波避難に関する研究やビジュアライゼーションに加え、東北大学災害科学国際研究所が取り組んでいる様々な災害アーカイブ活動などを紹介しました。多くの参加者が考古学などを研究している中、異色の発表でしたが、ご質問を頂いたほか、発表内容がツイートされるなど、大変興味を持って頂けました。その他、グループワークやディスカッションを通じて、議論の方法といった新しい知見を獲得することができ、大変有意義なワークショップとなりました。多くの参加者とは、連絡先を交換しています。今後の活動の中で、いつしか今回のワークショップの参加者と連携できないか考えていきたいと思います。(大学院工学研究科 牧野嶋 文泰さん)

大学間コンソーシアムに関するお問い合わせ

国際企画課国際連携係
電話:022-217-5578/6182
Email:kokusai-kgrp.tohoku.ac.jp