HeKKSaGOn

概要
  • 名称:日独6大学ネットワーク German-Japanese University Network
    HeKKSaGOn:Heidelberg, Kyoto, Karlsruhe, Tohoku (in Sendai), Göttingen, Osaka – network
  • 設立:2010年
  • 加盟機関
    (ドイツ側)ハイデルベルク大学、カールスルーエ工科大学、ゲッティンゲン大学
    (日本側)東北大学、京都大学、大阪大学
  • WEBhttps://www.hekksagon.net

HeKKSaGOn(ヘキサゴン)は、日本とドイツの主要大学の研究者及び学生の交流、共同研究の推進、サマースクール等の開催など、日独大学間の交流を推進することを目的に、2010年に結成された二国間型のコンソーシアムです。加盟校の名称、所在地の頭文字(Heidelberg, Kyoto, Karlsruhe, Tohoku (in Sendai), Göttingen, Osaka – network)から名前が付けられました。

主な活動

日独6大学学長会議(1年半に1度)、ワーキンググループによる共同研究、博士課程学生・若手研究者を対象としたスクール等を実施しています。本学は、2015年に幹事校として日独6大学会議を開催しました。

日独6大学学長会議

期間 開催機関 報告 外部リンク
第6回(開催予定) 2018年4月12-13日 大阪大学
第5回 2016年9月29-30日 カールスルーエ工科大学 詳細
第4回 2015年4月16-17日 東北大学 詳細
第3回 2013年9月12-13日 ゲッティンゲン大学 詳細
第2回 2012年3月29-30日 京都大学
第1回 2010年7月29-30日 ハイデルベルク大学

学生対象のスクール等

期間 開催機関 本学参加者 外部リンク
学生向け短期インターンシップ 2016年2月、3月 京都大学
第1回 ウィンタースクール 2016年2月15-26日 京都大学
第3回 サマースクール 2014年9月1-10日 カールスルーエ工科大学
第2回 サマースクール 2014年9月1-10日 カールスルーエ工科大学
第1回 サマースクール 2012年9月17-26日 ハイデルベルグ大学
参加学生の声

 2016年9月にカールスルーエ工科大学で開催されたHeKKSaGOnミーティングの学生ワークショップに参加しました。ここでは、ドイツと日本の大学から集まった専門の異なる学生同士で、HeKKSaGOnが学生の海外留学にどのように寄与できるか議論しました。(議論の方法には初めて行うものもあり、貴重な経験となりました。)価値観が違う学生が、始めは全く異なる意見を持っていたのに、最後は一つの意見を共有し、発表できるという達成感を皆さんにも体験してほしいです。(大学院理学研究科 高梨司さん)

ワーキンググループ

HeKKSaGOnでは、加盟校の研究者が以下の分野での共同研究を実施しており、本学教員も参画しています。(リンクをクリックすると外部サイトにアクセスします。)

  1. Life & Natural Science Fusion
  2. Coordination Chemistry for Energy Conversion, Catalysis & Nanotechnology
  3. Social Sciences & Humanities
  4. Disaster Risk & Response: Scientific & technological Issues
  5. Dynamic Imaging for Physical, Chemical & Biological Interests
  6. Robotics: Challenges & Opportunities in the 21st Century
  7. Japanese-German Neuroscience Research Network Focusing on Psychosis, Affective Disorders & Related Traits
  8. Mathematics at the Interface of Science and Technology towards Innovation – Seeds in Mathematics versus Needs outside Mathematics
  9. Data Science
大学間コンソーシアムに関するお問い合わせ

国際交流課国際企画係
電話:022-217-5578/6182
Email:kokusai-kgrp.tohoku.ac.jp