RENKEI

概要
  • 名称:日英産学連携プログラム Japan-UK Research and Education Network for Knowledge Economy Initiatives(RENKEI)
  • 設立:2012年
  • 加盟機関:日英各6大学 計12大学
    (日本側)東北大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学、立命館大学
    (英国側)ブリストル大学、リーズ大学、リバプール大学、ニューキャッスル大学、サウサンプトン大学、UCL(ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン)
  • WEBブリティッシュ・カウンシル ウェブサイト

RENKEI(レンケイ)は、共同研究、知識移転、人材育成の分野において産業界との連携を強化し、未来の社会のリーダーを輩出する仕組みをつくることを目的として2012年に設立された日本と英国の二国間型コンソーシアムです。本学は創設メンバーとして参画しています。

主な活動

日英の加盟大学が共同でさまざまなテーマに基づいたワーキンググループを立ち上げ、学生、教員を対象としたプロジェクト、スクール等を毎年開催しています。プロジェクトでは、各加盟校からの参加者による英語によるディスカッションを始めとし、企業訪問、講義等が実施されます。学生、若手研究者の参加にあたっては、プロジェクトの多くで一部又は全ての旅費の助成が行われます。
本学では、2014年にサウサンプトン大学と連携して「従来型と環境配慮型の二つの成長モデルから考えるエネルギー供給」をテーマに若手研究者を対象としたサマースクールを開催しました。

Annual Report 2015-2016(ブリティッシュ・カウンシルウェブサイトからPDFをダウンロードします。)

2017年度に開催するプロジェクト
Digital Cultural Heritage Business and Open Data: Bringing Rome to Japan ※募集終了
(主催)サウサンプトン大学・ニューキャッスル大学(英国)、立命館大学
(開催場所)立命館大学(京都)
(日程)2017年6月24日-28日
(対象)後期博士課程在籍者、若手研究者(公開奨学金、デジタルビジネス、デジタル文化遺産等の分野に関心のある者)
(概要)募集要項
(助成)有
(本学参加人数)1名 
PAX Workshop: Emancipating the Mind: History, Politics and Heritage ※募集終了
(主催)リバプール大学(英国)
(開催場所)リバプール及びロンドン
(日程)2017年8月17日-26日
(対象)後期博士課程在籍者、若手研究者
(概要)奴隷制と人身売買、強制労働等の現代の奴隷制について
(助成)有
(募集人数)2名 ※学内からの応募者無し
過去の開催実績
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
参加学生の声

 2015年8月にUCLで開催されたRENKEI program というワークショップに参加しました。このプログラムには、日本、イギリスの2カ国12大学から22人の学部生、院生、研究者が集まり、Demographic changeというテーマのもと、議論だけでなく様々な創作活動を行いました。Intergenerational issuesにはどんなものがあり、それらに対してどのようなアプローチが出来るか、また、Social entrepreneurshipの観点から私たちが社会にどのように貢献していくのか。答えのない課題に対して参加者で対話を重ねました。自分のアイディアや意見を仲間と共有し、ぶつけ合って発展させ、その過程で様々な変化が生じるのを体感し、とても刺激的な時間を過ごせました。ワークショップが終わったあとも、チームごとにSocial enterpriseのプロジェクトに継続して取り組んでいます。多様な専門分野をもつ参加者だからこそ出来るワークショップにぜひ参加してみませんか。(医学部 内村彩加さん)

大学間コンソーシアムに関するお問い合わせ

国際交流課国際企画係
電話:022-217-5578/6182
Email:kokusai-kgrp.tohoku.ac.jp